京都プラザホテル

スタッフブログ

壬生寺の節分祭です

京都観光情報|2017.02.02 UP


ナイトフロントのY城で御座います。

京都の各神社仏閣では明日2月3日の節分に向け、本日の2月2日より節分祭が行われております。先ほどは八坂神社の節分祭をご紹介しましたが、次に訪れたのは新選組で有名な壬生寺です。

DSC01582

 

あちこちで行われている「ほうらく書き」、節分祭の期間中、素焼きのほうらくに家内一同の年齢や願いごとを書き奉納すると、四月の壬生狂言「ほうらく割り」の演目中に割られます。これにより災厄を落とし願いごとがかなうとされています。

DSC01583

 

DSC01584

 

境内はもの凄い人です。

DSC01586

 

14時より聖護院山伏衆による大護摩祈祷が行われ、信者から奉納された多数の護摩木を焚いて厄除け開運を祈願されます。

DSC01589

 

DSC01598

 

DSC01600

 

点火です。

DSC01607

 

DSC01610

 

DSC01614

 

DSC01630

 

DSC01635

 

DSC01637

 

DSC01643

 

DSC01644

 

DSC01649

 

DSC01652

 

DSC01654

 

DSC01655

 

境内一帯は煙で大変な事になっております。

DSC01656

 

DSC01657

 

所で壬生寺と言えば新選組、こちらは屯所のあった旧前川邸です。こちらには近藤勇や土方歳三ら幹部がいたとも言われており、副長山南敬助・野口健司が切腹した部屋や古高俊太郎を拷問に掛けたという地下室、当時の落書きが残る雨戸などがあります。

DSC01662

 

DSC01663 DSC01665

 

壬生寺から東へ約100m、新選組の墓が有ります光縁寺です。

新選組ファンの方々にとっては聖地であります。

DSC01667

 

DSC01664

 

壬生寺の節分祭は2月4日まで続きます。

 

 

 


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です