京都プラザホテル

嵐山花灯路

京都プラザホテルに泊まって「嵐山花灯路を見に行こう」

花灯路

ホテルから京都駅まで徒歩8分

そこから嵯峨嵐山駅まで快速電車で約12分、とっても便利なアクセスですね。

幻想的なイルミネーションの「嵐山花灯路」は京都の紅葉が終わる頃にひっとりと始まります。

竹林のライトアップは人気のスポット。週末は人が多いので、歩くだけでもたいへん。もし撮影を目的にするのなら、平日がおすすめです。水木あたりは、比較的人が少ないのでカメラを構える人の姿も多いです。

 

嵐山のシンボル渡月橋は見応え充分。

嵐山花灯路

◆場所:嵐山
◆日時:公式ホームページご覧ください
◆料金:無料
◆内容:21世紀からはじまる京都の夜の新たな風物詩となることを目指して、平成15年3月から東山地域において、「灯り」をテーマとする新たな観光資源の創出事業である『京都・花灯路』が始まりました。
◆HP:http://www.hanatouro.jp/about.html

京都の年末の最大イベントと言えば「嵐山花灯路」、いよいよ本日12月8日から12月17日までの開催となります。

所で「京都・花灯路」ですが、平成15年に東山地域で始まり、平成17年からは嵯峨・嵐山地域でも行われるようになっております。「嵐山花灯路」では嵯峨・嵐山地域で約2500基のLED電球を使用し、露地行灯の「灯り」とボリューム感のあるいけばな作品の「花」で演出した華やぎのある散策路を創出しております。また、渡月橋周辺一帯と野宮神社から大河内山荘庭園までをつなぐ竹林の小径もライトアップされ、「灯り」と「花」で初冬の京都の季節感を表現しております。

昨年の様子を画像で、先ずはライトアップ前の竹林です。
dsc01184

 

予定通り17時にライトアップ開始です。

dsc01191

 

dsc01192

 

dsc01196

 

dsc01200

 

dsc01204

 

dsc01201

 

人気の竹林、もの凄い人です。

dsc01205

 

竹林の次ぎは嵐山亀山公園を抜け大堰川左岸へ。

dsc01210

 

dsc01216

 

嵐山が綺麗にライトアップされています。

dsc01225

 

dsc01226

 

dsc01231

 

dsc01232

 

嵐山花灯路の定番スポットへ。

dsc01235

 

dsc01239

 

所で、「嵐山」とはこの観光地一体を総称している名称であり、厳密に申しますと、渡月橋の後方左側の山がモンキーパークで有名な岩田山、その右側の山が嵐山となります。

dsc01243

 

dsc01245

 

dsc01247

 

次は渡月橋を渡り法輪寺へ。

dsc01264

 

dsc01250

 

デジタルアーティスト/長谷川章氏が考案・創作した光のアートD-K(デジタル掛軸)のライブが行れておりました。

dsc01253

 

dsc01256

 

法輪寺には清水寺より大きな舞台があります、が有名ではなくいつも閑散としております。

dsc01255

 

dsc01261

 

京都市内が一望できます、京都タワーが綺麗に見えています。

dsc01260

最後は渡月橋の上から見た嵐山です。

dsc01266

 

dsc01267

 

dsc01272

 

dsc01274

 

dsc01278

初日から嵐山周辺はもの凄い人出、可能で有れば平日がお勧めです。

この時期の京都はとても冷えるので、しっかりと厚着をして訪れるようにしましょう。

冬の京都を優しく照らすライトアップが皆様をお待ちしております。
ぜひ旅の計画を立てて京都プラザホテルをご予約ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

宿泊予約はこちら
https://www.kyoto-plazahotel.co.jp/#reservation

花灯路公式サイト
http://www.hanatouro.jp

当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です