京都プラザホテル

京都イベント5月

■1日
競馬会足汰式 上賀茂神社
5日の「競馬会神事」に先立ち、馬の状態を実際に見て組み合わせを決定するための試乗ですが、装束も本格的、ムチを入れての試走も本格的です。

■1~4日
大念仏狂言 神泉苑
壬生狂言から分かれたもので、約30番の曲目の中から毎日数番が上演されます。

大念仏狂言 千本ゑんま堂
足利義満が普賢象桜を賞でたのが縁で花の盛りに行われる念仏狂言は、京都三大念仏狂言のひとつ。

■3日
流鏑馬神事 下鴨神社
葵祭の道中の安全を祈って露払いの儀式として古くから行われている神事です。狩装束の射手が駆ける馬上から矢を射る妙技を披露します。

狸谷山大般若祈願会 狸谷山不動院
交通安全、災難除けの加持祈祷が行われます。

■4日
斎王代女人列御禊神事 上賀茂神社
葵祭のヒロイン「斎王代」と女人列に参加する約50名のみそぎの儀が、「ならの小川」で行われます。

■5日
藤森祭・駈馬神事 藤森神社
端午の節句に武者人形を飾る菖蒲の節句の発祥地と言われている神社。 菖蒲が勝負に通じることから、勝ち運のご利益に恵まれるとも。
藤森祭は1日から。一番の見所である駈馬神事は5日に行われ、氏子が逆立ちや一字書きなどの曲乗りを行うことで全国に知られています。

競馬会神事 上賀茂神社
起こりは寛治7年といわれる由緒ある神事です。乗尻と呼ばれる騎手が安全と必勝を祈る乗尻奉幣の儀等が行われたのち、10頭程の馬が左右つがいになって、速さ、作法などを競います。

歩射神事 下鴨神社
色々な弓矢の神事が行われ、葵祭の無事が祈願されます。

泰山府君祭端午大護摩供 赤山禅院
大護摩供えが行われ、大般若経の転読やご詠歌が奉納されます。

■9日
新日吉祭(いまひえまつり) 新日和神宮
新日吉神宮の祭官が祝詞をあげ、妙法院の門跡が読経するという、神仏混交の珍しい祭事が行われます。800年もの歴史があります。

■12日
御蔭祭 下鴨神社
葵祭にむけ神霊を下鴨神社に迎える為の神事が行われます。境内「糺の森」では舞楽「東遊」が奉納されます。

■15日
葵祭 下鴨神社・上賀茂神社
正式名称「賀茂祭」。平安王朝時代の古式そのままに、「宮中の儀」「路頭の儀」「社頭の儀」から成り立ちます。国家安泰を祈願するため、天皇が幣物(神への供物)を上賀茂・下鴨両社に奉納した「巡行」が始まりといわれる行列は「路頭の儀」にあたり、全国的に有名です。10:30御所を出発、下鴨神社を経て上賀茂神社に至ります。(15:30頃)

■16日
松尾大社還幸祭 松尾大社
神輿渡御祭の中心で、今でも氏子の間で「おまつり」と言えばこの祭を意味します。本殿、回廊、拝殿、楼門、各御旅所の本殿、神輿から供奉神職の冠・烏帽子に至るまで、葵と桂で飾るので、古くから「葵祭」とも言われてきました。「賀茂祭」と区別して「松尾の葵祭」とも。

三船祭 車折神社
嵐山・大堰川で優雅に繰り広げられる王朝絵巻。宇多上皇大堰川に御幸の際、船遊びを楽しんだことに始まったといわれます。竜頭船ほか約30艘の船上で奏楽、謡曲、詩歌など大宮人達が楽しんだ優雅な遊びを再現します。

■16日・23日
嵯峨祭 野々宮神社・愛宕神社
16日は神幸祭で清凉寺の御旅所に御輿が勢揃いし、23日に御輿、剣鉾、稚児の行列が嵯峨野一帯を巡行します。 元禄4年、松尾芭蕉も見学したとの記録があるほど長い歴史を誇ります。

■27日
五月満月祭(ウエサクサイ) 鞍馬寺
釈迦の降誕・悟りを開いた日・入滅の日が、全てインド歴の第二月の満月の夜であったという伝承から行われる祭。
太陽暦では四月から五月の満月にあたるため、5月のこの夜行われます。蓮の花様の灯篭が数多く奉納され、満月とあいまって幻想的な空間が浮かび上がります。

■28日
業平忌 十輪寺
六歌仙の一人在原業平の法要が営まれます。晩年この地に住まいしたという業平は、塩を焼いて立ち上る紫煙を見ながら昔の恋人を偲んだともいわれています。舞踊、京舞なども奉納されます。

■30日
御懺法講 三千院
三千院の祭事の中で、最も重要で賑々しい祭事の一つです。声明と雅楽による平安絵巻さながらの伝統ある法要(もともとは天皇家の回向法要)で、かつては御所で行われていたものです。

過去の情報であったり、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。


京都観光に便利なホテル2

main_img02

京都は観光名所がたくさんあるからということの他に、そもそも京都は東西南北に拡がっていて、移動するだけでもけっこうな時間がかかります。

せっかく来たのだから効率よく楽しく観光したいですね。

でも、京都プラザホテルなら大丈夫です。


詳しく見る 600×123

宿泊予約

電話予約が最安値

ご予約は簡単で便利な電話予約で

iphone01
各月のイベント
京都イベント4月

年度の始まり、学校でも社会でも新たな出発、新しい試みのスタートなど、実質的には正月より大きな節目の月ですね。京もいよいよ春爛漫、皆様のお越しをお待ちしております。

4月のイベント情報をもっと見る

京都イベント5月

すがすがしさと生命力に満ちあふれた佇まいとなります。 ゆっくりと散策をお楽しみいただくのに最適のシーズンです。

5月のイベント情報をもっと見る

京都イベント6月

梅雨真っ最中の実暦からは実感がわきません。
想像を超える集中豪雨などが今年はありませんように。 降るならシトシトと、風情ある恵みの雨でありますようにと願わずにはいられません。

6月のイベント情報をもっと見る

京都イベント7月

陰暦の七月は稲穂が膨らむ月であるため、「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転じたとする説など、諸説あります。 携帯メールなどの便利なツールがあふれていますが、たまには手書きの文(ふみ)を送ってみるのも、新鮮で魅力的かもしれませんね。

7月のイベント情報をもっと見る

京都イベント8月

京都ではお盆を迎える8月は精霊迎えを行います。毎年8月16日にお盆に先祖の霊が冥土から戻る際に、六つの道に迷うことなく迎える行事で、京都では「お精霊(しょらい)さん」とか、「六道まいり」などと言う。市内で行われる伝統行事です。

8月のイベント情報をもっと見る

京都イベント9月

夜がだんだん長くなる季節です。長月」というのが一般的な解釈だそうです。
澄んだ空気に凛とした月光のもと、旅をするには良い季節です。

9月のイベント情報をもっと見る

京都イベント10月

秋の京都は、だんだん涼しくなり、いよいよ紅葉シーズに入っていきます。紅葉の京都はもうすぐです。

10月のイベント情報をもっと見る

京都イベント11月

紅葉がはじまるのが8度といわれていますので、 京都では10月下旬に北山、嵐山あたりから色づきはじめ、11月中下旬から12月にかけて市内の各有名スポットへと紅葉が広がり、長く楽しめます。

11月のイベント情報をもっと見る

京都イベント12月

「一年の最後になし終える」意味の「為果つ(しはつ)」が語源で「師走」は当て字など、諸説有るそうです。 いずれにしても何かと気ぜわしい時期ですが、静かに参道を散策するような一日があったら、きっとホッとするでしょうね。

12月のイベント情報をもっと見る

京都イベント1月

伝承されにくくなっている日本古来からの風習が、一年の内で最も身近に感じられるのがこの時期ですね。 近年京都の町屋が減りつつありますので、是非、今のうちに伝統と風情を感じに京都へいらしてください。

1月のイベント情報をもっと見る

京都イベント2月

寒い日あり春を予感させる日ありのこの時期、体調に気を付けながらも冬の風物詩を楽しめたら素敵ですね。

2月のイベント情報をもっと見る

京都イベント3月

桜の便りがちらほら聞かれるようになると、京都もいよいよ春の観光シーズンの到来です。皆様のお越しをお待ちしております。

3月のイベント情報をもっと見る

京都紅葉特集

フロントスタッフがお教えする
「京都と紅葉スポット」です。

有名所や穴場スポットを写真を多用して
ご紹介いたします。

ぜひ、京都観光の参考にご活用ください。

京都紅葉特集

京都観光マップ

近頃で外国人のお客様がスマートフォンを片手に観光されている姿をよく見かえます。とっても便利なんですが、紙の地図では京都の観光スポットの位置をすぐに確認することができ「次の目的地」が一目瞭然となっています。また観光に関連したコメントも記されており地図を見ているだけで楽しくなってきます。

またお客様に道順をお教えする時にはボールペンなどで記しや文字を書くこともできるので便利です。

ホテルにご宿泊されているお客様には京都駅及びホテル周辺の飲食店や主要スポットが記されているマップもお渡ししております。

京都観光マップ

京都観光モデルコース

せっかく来たのだから効率よく観光したいですね。

京都観光といえば「清水寺」「金閣寺」「伏見稲荷」などがありますね。

なので、せっかくの機会にいろいろと見てみたいところですが、そこをグッとこらえて、西側なら西側だけ、東側なら東側だけに的を絞って観光すると、効率よく回ることができて、限られた時間でもじゅうぶんに楽しめます。

というわけで、京都観光を1泊2日で安く満喫するにはどうすれば良いのか?
また、日帰りでも旅を楽しめるのか?
また、女性の一人旅でも安心してして頂けるようバスも利用し観光コースを考えました。

京都観光モデルコース

京都旅行おすすめの安い時期は?

同じ場所でも時期によって宿泊料金は変わってきます。

京都に何度も旅行されている方ならご存知のはず・・・。

京都の桜や紅葉は人気がありますよね。
そんな時期はたくさんのご予約を頂戴します。
いわゆる繁忙期ですね。

逆に冬や梅雨の時期などの閑散期は空室があると料金を下げてお客様を募ります。

インターネット上で平日でも、なぜこんなに高い!という日があります。そういった時は何らかのイベントがあります。

料金は需要と供給で価格が決定します。

京都旅行おすすめの安い時期は?

当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です